- 第5話 -
 ダイアナという、たった一人の親友を失ってしまったマイケル・スミス少年。その後も新しい友人を作ることが出来ず、つらく寂しい毎日を送っておりました。ところが・・・。

 楽しそうに誰かに話しかけるマイケル。




マイケル
「ねえねえ、キミとぼくは友達?」
誰か
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
マイケル
「キミとぼくは、まだ友達になれないのかな・・・?」
誰か
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
マイケル
「あ、そうだ、キミはどこに住んでいるんだい?」
誰か
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
マイケル
「まぁいいや。ぼくはねー、キミのことを友達だと思っているからね!」
誰か
「・・・・・・・・・・・・・・・・」

 楽しそうに誰かに話しかけるマイケル。




マイケル
「キミ・・・、ぼくのことちゃんと見てる?」
誰か
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
マイケル
「だって、キミはさっきから黙ったままだし、ぼくのことをちゃんと見てくれないし・・・」
誰か
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
マイケル
「キミは、ぼくのことが嫌いなの・・・?」
誰か
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
マイケル
「ねぇ!」
誰か
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
マイケル
「どうして返事してくれないの!?」
誰か
「・・・・・・・・・・・・・・・・」

 突然、誰かの顔をのぞきこむマイケル。

マイケル
「ねぇ! パソコンの前のキミのことだよ!」


第4話 第6話
ホーム
© Kate Arrow All Rights Reserved.