- 第8話 切り裂きジャック -
ジャックには、なかなか友達ができません。
その刃物でできたツメのせいで、友達ができても、すぐに切り裂いてしまうからです。
ジャックは、そんな自分の恐ろしいツメにうんざりしていました。
辛く、悲しくて、一晩中涙が止まらないこともありました。
友達を切り裂いてしまったことへの罪悪感もあり、思い詰めていました。




そして、ある夜、そのツメを手首ごとノコギリで切り落としてしまうことにしました。
友達はできなかったけど、これでもう誰も傷つけることはありません。
ジャックは、安心して眠りにつきました。
深い深い眠りに・・・。




ジャックの頭の上がお気に入りだった友達は、とても悲しみましたとさ・・・。


第7話 第9話
ホーム
© Kate Arrow All Rights Reserved.